歌川国芳出現情報

原安三郎コレクション
広重ビビット

北九州市立美術館分館にて

前期 9月16日(土)→10月9日(月・祝)

後期 10月11日(水)→10月29日(日)


原安三郎さんは

日本化薬株式会社の元会長さん。

今回は

原さんの浮世絵コレクションから

歌川広重の作品をメインに

葛飾北斎・歌川国芳の作品も展示されています。

国芳は6作品。

「ビビッド」の名の通り

保存状態の良いものが揃っているとか。


リンク先にある

広重ビビット公式ホームページへの

バナー。

ちょっとした「こだわり」が

感じられる部分アリ〼。


絵師たちの競演〜
三代豊国・国芳・初代広重

山形県天童市 広重美術館にて

9月1日(金)から9月25日(月)

こちらのサイトは

FLASHが使われています

(というわけで

わたしのiPad miniでは

何の情報も得ることができませんでした)。

「NEWS」をクリックしていただくと

今回の展示について

少し詳しい内容が書かれてあります。

展示内容はわかりませんが

文面から察するに

国芳は武者絵を展示されているかと。

入館料は

たぶん600円

(美術館のサイトには

記載がありませんので

実際に行かれた方の話による)。



歌川国芳 21世紀の絵画力

府中市美術館にて

前期

2017年3月11日(土)

     〜4月9日(日)

後期

4月11日(火)

   〜5月7日(日)

『金魚づくし ぼんぼん』(前期)

『金魚づくし いかだのり』(後期)が

展示されます。


スーパー浮世絵 江戸の秘密展

日本橋茅場町特設会場

2017年1月28日(土)

    〜5月21日(日)

いつものような

版画の展示にあらず。

いろんな人のいろんな浮世絵作品が

デジタルアートになっている

・・・らしい。

国芳の作品がある・・・のだけは

わかってます。


帰ってきた!浮世絵動物園

太田記念美術館にて

前期

2017年4月1日(土)

〜4月26日(水)

後期

5月2日(火)

〜5月28日(日)

『里すゞめねぐらの仮宿』(前期)

をはじめ

カエルに踊る猫もあります。

こちら 前期後期作品総入れ替えとなっております。