これまでの作品たち

年に2度、幕張メッセで開催されているワンダーフェスティバルにて

歌川国芳の『金魚づくし』を

そして、オリジナル擬人化金魚を立体化したものをお披露目しています。

まずは作品名を、ずらり。


ワンダーフェスティバル(以下WF)2005年 夏 『おんぶ』『ぢいぢい』(初参加)

WF2006年 冬 『酔いどれ』『浮かれ』

WF2006年 夏 『むまさう(うまそう)』『◯2(まるに)』『尻っ端折り』

WF2007年 冬 『べんべん』『うんぷてんぷ』

WF2007年 夏 『おじゃまたくし』

WF2008年 冬 『えらいこっちゃ』

WF2008年 夏 『いざ!』

WF2009年 夏『くわばら・くわばら』

WF2010年 冬『半玉(はんたま)』

WF2010年 夏『玉男(たまお)』

WF2011年 冬『よんよん』

WF2011年 夏『唄歌う(うたうたう)』

WF2012年 冬『えんや』『とっと』

WF2012年 夏『ぽ』『おんぶ(改)』『ぢいぢい(改)』

WF2013年 冬『あわあわ』『きびきび』

WF2013年 夏『吹う(ふう)』『来(らい)』

WF2014年 夏『えっさっさ』『うんぷてんぷ(改)』

WF2015年 冬『ぱえぱえ』『みっかち』『ぼんきん』『ぼんぎょ』『ぼんたま』

WF2015年 夏『ぴーひょろ』『おいおい』『盆ダンス(オリジナル)』『画伯(オリジナル)』

WF2016年 冬『あ』

WF2016年 夏『お蝶夫人』『あらま』